大学受験の勉強や高校の授業で困ったときは - 塾講師が教える受験勉強のコツや勉強法

高校英語

 

高校英語記事一覧

中学と同じような勉強法では高校英語が伸びないワケ

高校英語の勉強とは最初に結論から言います。中学英語と高校英語は全く目的が違います。この点をわかっていないと、「中学までは英語が得意だったのに…」と嘆くことになってしまいかねません。高校英語には、高校英語の勉強法があります。中学英語は、コミュニケーションがメイン高校英語を理解する前に、中学英語とはどん...

≫続きを読む

英単語の暗記に時間を割いてはいけないワケ

英単語の勉強、辛いですよね。ただ闇雲に勉強していても、なかなか覚えることができません。しかも勉強時間をどんどん食いつぶしてしまいます。ここでは効率的な英単語の勉強法について説明していきます。英単語は書いてはいけない皆さんは英単語の勉強をどのように行っているでしょうか?よくあるのが、英単語とその意味を...

≫続きを読む

単語帳を最大限活用するためには

高校英語の単語帳は辞書代わり多くの受験生は、システム英単語やターゲット1900などの何らかの単語帳を買うことが多いと思います。しかし、私が見る限り、それらを最大限有効活用できている生徒は比較的少ないようです。これらの単語帳を正しく使いこなせば、より単語の勉強が容易になるはずです。前のページ(高校英語...

≫続きを読む

何故問題集の最初の単元が「文型」なのか

高校英語の文型はすべての基本ここからは、大学受験に必要な英語をマスターするために必要な、英文の構造について順に解説していきます。以前のページ(何故中学英語と同じ勉強方法では高校英語が伸びないのか)で申し上げた通り、高校英語の基本は英文の構造を理解していくことです。そのために最も基本となるのが、「文型...

≫続きを読む

文型の注意点(前編)

高校英語の構造は、SVOCと副詞の五文型で理解できると、前ページ(何故問題集の最初の単元が「文型」なのか)でお話ししました。これを実践するうえで、独学では少しわかりにくいと思われる点について、各単元よりも先行してお話しします。これを読んだ時点でわからないこともあると思いますが、内容が分らない場合は飛...

≫続きを読む

文型の注意点(後編)

このページは文型の注意点(前編)の続きのページです。特に順番は重要ではありませんが、文型を学習する重要性を理解していただくにはこちらを読んでいただけるといいと思います。it ... to 〜 構文や、it ... that SV構文の it は、要素に含まないこれらの it は、仮主語、もしくは仮目...

≫続きを読む

高校英語の接続詞と節とは

高校英語での文型の大切さは理解いただけたでしょうか?SVOCの分類などはこの先で少しずつ出来るようになってもらいます。練習無しに裏ワザ的なもので理解することはできません。少しずつ慣れていけば大丈夫ですので焦らないようにしましょう。このページではSVOCで成る文と文を繋ぐ役割を果たす接続詞について解説...

≫続きを読む

関係代名詞の捉え方

ここから先は、これまで解説してきた英文読解法の具体例の紹介になります。基本編をすべて読んでいない人は、是非とも読んでみてください。(参考ページ:何故問題集の最初の単元が「文型」なのか)よりこのページがわかりやすくなるはずです。

≫続きを読む

高校英語で乗り切るTOEIC

TOEICとは皆さんはTOEICというテストを知っていますか?TOEICは世界共通で行われている英語のテストです。TOEICの点数が就職活動や会社での昇進に影響することも多くなり、現在日本では英語力や能力の指標とされることが当たり前になっています。大学生は就職活動の一環としてTOEICを受験すること...

≫続きを読む

私が高校英語でいきなりTOEIC900点以上を取れた理由

前回の記事(TOEIC925点とはどんな英語力か)で書き切れなかった、TOEICの勉強方法についてお話しします。TOEICを受けるために特殊な勉強はほとんどせずに、高校英語をしっかりと鍛えれば900点以上を取れます。The・TOEIC対策勉強、のような点数を上げるためだけの対策は不要です。TOEIC...

≫続きを読む

TOEIC925点とはどんな英語力か

2018/1/28実施の第227回TOEIC Listening & Reading 公開テストの結果が返ってきたので、TOEICスコアと英語力がどのくらいなのかについて少しお伝えしようと思います。英語に関する背景まずは背景から。私は日本で暮らしていて、普段英語を使ってコミュニケーションを取...

≫続きを読む



直接面談やメール、Skypeによる個別相談・指導を行っています。


是非一度、「プロフィール」をご覧ください。







スポンサードリンク


HOME プロフィール お問い合わせ