大学受験の勉強や高校の授業で困ったときは - 塾講師が教える受験勉強のコツや勉強法

mol(モル)の計算と公式@〜感覚で簡単に考える化学〜

 

 

mol(モル)計算の解説シリーズです。

 

今回はmol(モル)を求める計算だけに注目してみましょう。

 

molを極めれば、化学の基礎は攻略したようなものです。

 

 

mol(モル)は個数の単位

 

少し復習から入りましょう。

 

mol(モル)とは分子の個数の単位のことでした。

 

参考:mol(モル)とは何なのか〜感覚で簡単に考える化学〜

 

分子の数はとても多いので、一個二個と数えずに1モル、2モルと数えます。

 

 

ちなみに、皆「モルを求める」と言いますが、本当は「物質量を求める」と言うのが正しいです。

 

「リットルを求める」ではなく、「体積を求める」が正しいのと同じです。

 

ただ、物質量という言葉はちょっと分かりにくいので、このページでは「mol(モル)を求める」としていきます

 

 

スポンサードリンク

mol(モル)を求める式

 

molを求めるためには、次の図をマスターすることが大切です。

 

 

質量(g;グラム)、分子の個数(個)、気体の体積(L;リットル)のそれぞれの間にあるのが、mol(モル)という単位です。

 

必ずこのmolを通らないと計算が出来ないようになっています。

 

さて、molをどのように求めるのかというと、次の4パターンが基本です。

 

 

g(グラム) ÷ 分子量 = mol
気体のL(リットル) ÷ 22.4 = mol
分子の個数 ÷ アボガドロ定数 = mol
溶液の濃度(mol/L) × 溶液のL(リットル) =mol

 

ひとつだけ掛け算なので、注意してください。

 

一つ一つ解説していきましょう。

 

 

分子量は1molあたりのg(グラム)

 

mol(モル)は分子の数の単位でしたね。

 

分子というのは1個あたりの重さが、種類ごとに決まっています

 

1個あたり何gと言われても軽すぎるので、1molあたり何gなのかで数えます。

 

これが分子量です。

 

例えば、H2O(水)の分子量は18です。

 

これは水1molで18gあるという意味です。

 

 

もし水が36gあったら、

 

36(g) ÷ 18(分子量) = 2mol

 

と求めることができます。

 

molを求める計算の半分くらいはこれで求めます。

 

 

どんな気体も、1molあたり22.4L

 

この計算は気体の計算だけです。

 

絶対に溶液に使わないでください。

 

気体のL(リットル)にしか使うことができません。

 

ただし、気体であれば、どんな気体でも、同じ計算が使えます。

 

気体の体積(L)を22.4で割り算すると、molになります。

 

窒素も、酸素も、二酸化炭素も、全て同じ計算です。

 

例えばCO2の気体が5.6Lあったら、

 

5.6(L) ÷ 22.4 = 0.25mol

 

と計算できます。

 

また、水蒸気の計算でも同じ計算です。

 

水は水でも、水蒸気は気体なので同じ計算ができますよ。

 

 

溶液の濃度(mol/L)から求めるときは、かけ算

 

少し単元が進むと、特に化学基礎の場合は、溶液の計算ばかりになります。

 

水酸化ナトリウム水溶液、というように溶液と書いているものもありますが、塩酸、希硫酸なども溶液のことなので注意しましょう。

 

さて、多くの溶液の問題ではmolではなくモル濃度(mol/L)を使います。

 

ここからmolを求めるためには、その溶液のL(リットル)が必要です。

 

大体の場合は、500mLというようにmL(ミリリットル)で書いているので、L(リットル)になおしてから使います

 

1000で割るだけなので、なおし方は簡単ですね。

 

 

例えば、2mol/Lの溶液が300mLある場合、

 

300mL ÷ 1000 = 0.3L
2mol/L × 0.3L = 0.6mol

 

というふうに求めます。

 

かなりの頻度で登場するので、必ずマスターして下さい。

 

化学基礎の場合はg(グラム)から求める計算と、半々くらいの割合で使います。

 

 

個数からmolを求めることはあまりない

 

最初の習いたての頃は、

 

1mol = 6.02 × (10の23乗)個

 

6.02 × (10の23乗) :アボガドロ定数

 

と覚えさせられるのですが、その割には登場頻度が低いです。

 

なので、Bの計算はあまり使うことがありません。

 

ただ、もしものために、余力があれば覚えておきましょう

 

例えば、分子が3.01×(10の22乗)個あったら、

 

3.01×(10の22乗) ÷ 6.02×(10の23乗) = 0.0500mol

 

と求められます。

 

 

まとめ

 

 

mol(モル)を求める計算をマスターすれば、molについてはわかったも同然です。

 

あとは次の記事で、逆にmolから出発する計算を学べば、免許皆伝です!

 

(次記事:mol(モル)の計算と公式A〜感覚で簡単に考える化学〜

 

 

苦手になる前に、教材を買うのもオススメ

 

化学のmolの単元で詰まってしまうと、この先の化学の内容が全然わからなくなってしまいます。

 

そして、化学が嫌いになってしまうのです。

 

 

 

そうなる前に、学校よりもわかりやすくて、簡単な教材で勉強しておくことをおススメします。

 

キラいになってしまってからでは、手遅れになってしまう可能性があります。

 

『とってもやさしい化学基礎』という教材は、化学が苦手な人向けに作られた参考書です。

 

化学アレルギーの人でもわかるように、やさしく書かれています。

 

ぜひ一度、のぞいてみてください。

 

ひょっとすると、いきなり化学が得意になってしまうかもしれません。

 

by カエレバ

 

 

 

 



個別に勉強のサポートをさせていただいています。


教材を買うだけでは、成績は上がりません。

私は塾や家庭教師とは違ったアプローチで、勉強のコンサルタントをしています。


是非一度「プロフィール」をご覧ください。










スポンサードリンク


HOME プロフィール お問い合わせ