大学受験の勉強や高校の授業で困ったときは - 塾講師の教え方と偏差値ランキング

国公立と私立の偏差値は違う


ここでは、国公立大と私立大の偏差値を並列して考えてはいけない理由について説明します。

今までの記事をすべて読んでくれている方は、すぐに理解できると思います。

(読まなくてもわかるように説明するつもりですが、順を追って読みたい方はこちらへ)
(偏差値ランキングを正しく読めていますか?)


国公立大と私立大の偏差値を比較


では以下の例を見てください。

大阪市立大学[経済・公]61
関西大学[経済]59

これは某サイト上の偏差値ランキングからの一部抜粋です。

今回は同じ文系の学部同士の比較ですので、文系学部に対する補正(参照:理系と文系の偏差値は違う)は行っていません。

ご存知かもしれませんが、大阪市立大学は有名公立大学、関西大学は有名私立大学です。

これら二つの大学の同じ経済学部の偏差値の差は、この表によると 2 しかありません。

では、関西大学に合格できる実力がある学生は、大阪市立大学を射程圏を捉えているのかというと、そうとは言えません


何故なのか、それはやはり母集団の違いによって起こります。

またこの場合は、国公立と私立の受験システムの違いによっても影響を受けています。


まずは、国公立受験と私立受験について、オーソドックスな受験方式を理解していただかないといけません。


大学の受験システム


国公立受験(一般入試):

1月半ばに行われるセンター試験のうち5教科7科目を受験し、それらの得点を各大学の傾斜配点に沿って計算し直した得点(1)

2月末に行われる各大学別の個別試験(2次試験)を受験し、それらの得点を各学部の配点に計算し直した得点(2)

(1)と(2)を合算した総得点で、上から順に入学定員の人数が合格。


私立受験(一般入試):

1月末から3月にかけて行われる個別試験を受験(複数日程可能)した得点で、上から順に入学定員の数倍(学校による)の人数が合格。


これだけの受験方式の差がある時点で、偏差値を横並びに比べることが既にナンセンスなのがおわかりでしょうか。


国公立と私立では勉強する科目数が全然違う


国公立大学受験では、5教科7科目の学習が基本的に求められます。

つまり簡単に言ってしまうと、7科目の平均偏差値で国公立受験は考えないといけません

それに対して私立大学受験では、3〜4科目の学習、場合によっては1科目でいい時もあります。

つまり、3科目の平均偏差値で私立受験は考えることになります。

この条件では、圧倒的に国公立受験の偏差値を上げるのは難しくなります


具体的な例を出しますと、大阪市立大学に合格したいと思った場合、理系文型問わずセンター試験の数学で80点以上の得点を求められます。

当然他の科目が相当抜きんでているのであれば別ですが、有名国公立大の合格者の多くは少なくともこれくらいを取っています。

同様に、生物(に限らず理科)でも8割くらいの得点が無いと、市大受験は遠のいてしまいます。

この得点、理系の生徒でも簡単には取れません

つまり、国公立大学を受けるのであれば、文系の生徒でも数学をかなり勉強することになります


また、国公立大学の場合、センター試験も二次試験も一回きり

それに対し、私立大学の受験方式は多数、日程もたくさんあります。

形式を変えれば、同じ大学を5回受験することだって可能です。


更に、私立大学については、入学定員の数倍の数の受験者を合格にします

これは歩留まり率というものが関係しています。(詳しくは割愛させていただきますが)

大半の私立大学の受験生は、複数の大学を併願します。

よって合格者のうち、一部は入学せずに他の大学に行ってしまうことになります。

私立大学はこれを見越して、予め多くの人数を合格にするのです。


いかがでしょう?


国公立大学と私立大学の偏差値を比べるのがいかに無意味かわかってもらえたでしょうか?


私立は合格しやすいというわけでは決してない


これまでの内容だけを読むと、なんだか私立大学はとても合格しやすいように思えてきますが、そんなことは決してありません

確かに国公立大学に比べるとまだ容易かもしれませんが、関関同立や早慶上智レベルはもちろん、中堅レベルでも大学入試は合格しにくいです。

まず第一に、大学受験の倍率はとても高く、いくら多く合格が出ると言っても、この中で上位に入らなければいけないことには変わりません。

更に、上のレベルであればあるほど、受験者の中の格差が大きくなります


私立大学の受験者の3つの層


どういうことかというと、私立大学受験者の中には

1.努力してなんとか受験できるレベルに達してきた人(チャレンジ層)

2.適正レベルで、実力を出し切ればおそらく通るだろうと思われる人(適正層)

3.滑り止めとして受けるため、ほぼ間違いなく受かる人(滑り止め層)

この3種類の人がいるからです。

関関同立レベルの場合は国公立大学の滑り止めとして受験する場合が非常に多いため、受験はかなりシビアなものになります。

これらの強豪は、7科目の偏差値が60を超えていることが多く、得意な3科目なら偏差値68とかがザラにいます

自分で1や2に当てはまると思う人は、このことを十分理解しておいてください。



目指す志望校に向けての勉強について、こちら(勉強習慣が三日坊主になる本当の理由)もどうぞ。

勉強時間の確保について、こちら(勉強時間を作るためのたった一つの簡単な方法)もどうぞ。

そもそも偏差値いくらだとどれ位?と思われている方はこちら(偏差値70越えは上位2.3%)をどうぞ。

 



HOME プロフィール お問い合わせ