大学受験の勉強や高校の授業で困ったときは - 塾講師の教え方と偏差値ランキング

受験は冬、は嘘

 

多くの受験生もしくは高校生は、受験は冬にある、と勘違いをしていることが多いですが、それは決して正しくありません。

 

確かにニュースなどでセンター試験の報道などは1月の中旬に流されますから、仕方ない勘違いなのかもしれませんが…。

 

逆に、そう勘違いしている人は、受験のスケジュールを全然管理出来ていないということです。

 

ちょっとドキッとした方、今からでもちゃんと日程を理解しておきましょう。

 

大学受験の時期

 

私立大の公募推薦入試は10〜11月

 

私立大学を第一志望にしている人は特に注意しておきたいのは、年度で最初の受験となる公募推薦入試は、夏休みが明けて間もない時期にあるということです。

 

受験は冬にあると思っていたら、夏休みが終わってすぐに受験だった、というのはとても危険ですよね。

 

大学受験に必要な勉強量は高校受験の数倍では収まりません。

 

一年計画で勉強するとしたら、高二の秋には始めないといけません。

 

 

高三の春から受験勉強すると悲惨

 

受験学年になってから、そろそろ塾とか行かないとなぁ、なんて悠長に言っている人はかなり危険です。

 

これは今までの生徒に何人もいるのですが、春まで受験から逃げていたタイプはそもそもスイッチが入っていません

 

なんとなく4月が終わり、5月はGWを挟んで体育祭などの学校行事、6月に中間試験に追われ、気づいたら7月。

 

公募入試まで残り3ヶ月、気付いた頃にはライバルに大差を付けられて手遅れです。

 

そもそも高三になってしまった時点で、公募入試までは半年です。

 

そのことを理解できていない高校生があまりにも多いです。

 

 

残りの時間をリアルに計算する

 

センター試験を受けるのであれば、当然高二の1月で一年前です。

 

しかし、次の事実を受け止められていない高校生が非常に多いです。

 

高三になった時点で残り9ヶ月。一年の四分の三は既に過ぎ去っています

 

公募入試の場合、更に3ヶ月ズレて計算することになります。

 

つまり、高二の1月で残り9ヶ月。

 

高三になったら残り6ヶ月です。

 

高三の一年間は勉強するつもりが、その半分しか残っていません

 

 

行動するならすぐに

 

この記事を読んでいる高三の方は、過ぎたことを悔いても仕方ありません。

 

今すぐ勉強を開始しましょう

 

それ以外の高一高二の方は、ちゃんとスケジュール管理をしてください。


 



HOME プロフィール お問い合わせ