大学受験の勉強や高校の授業で困ったときは - 塾講師の教え方と偏差値ランキング

何故高校受験と同じ方法で大学受験の英語が出来ないのか

 

高校英語の学習とは

 

最初に結論から言います。

 

中学英語と高校英語は全く目的が違います

 

この点をわかっていないと、中学までは英語が得意だったのに…と嘆くことになってしまいかねませんので、よく理解しておいてほしいです。

 

(わかっていなくても、高校でも英語が得意であることを維持できる人も多数います)

 

 

中学英語は、必要最低限の表現を覚えるために学習した、そう理解してください。

 

中学校の英語は、表現の丸暗記をしてしまえば定期テストや入試でのある程度の得点を得られますし、極端に言うと、文の構造がわかっていなくてもなんとかなってしまいます

 

たとえば、次の例文。

 

 

このサイトを見ている人は高校生以上が大半だと思いますので、当然訳は出来ると思います。

 

これは中学でどのように習うかというと、

 

 

It is … for (人) to 〜.
「〜することは(人)にとって…だ」

 

 

このように、日本語との対応関係を基本にして学習していきます。

 

これは今まで日本語で言っていたことは英語でどう言うのか、という観点での教育です。

 

これさえ覚えておけば、例えば「私達にとって、外国の人とコミュニケーションすることが必要だ」等の和訳にも対応できます。

 

単語を換えるだけでOKということです。

 

では、高校英語では先程の英文に対してどのような理解をしなければいけないのでしょうか?

 

英文構造を見極める

 

高校英語を乗り越えるポイントは、文の構造を理解することです。

 

先程の英文ですと、

 

 

この文はSVCの第2文型で成る。

 

このような理解が高校英語では求められます。

 

つまり、和訳はそれほど重要ではありません

 

当然、学習の途中には和訳をする技術も養っていくことが必要ですが、最初はとにかく文構造を捉えることが重要です。

 

このステップを飛ばしてしまうと、学習が進めば進むほど英語がわからなくなってしまいます。

 

文構造を捉えることは、英文を理解していくうえでの土台作りになります。

 

実際に私が生徒に英語を最初に教えるときには、この英文の構造把握(私は文分解と勝手に呼んでいます)を徹底的に鍛えます

 

先程の例程度の文でしたら、わざわざそんな面倒なことをしなくても、意味はわかるからいいじゃないか、と思う人がほとんどではないかと思いますが、むしろ逆です。

 

わかっている文だからこそ意味があるのです。

 

先程の例文程度、と言いましても、これを読んでいるどれくらいの方が第2文型であることを認識していたでしょうか?

 

ひょっとすると皆さんは、次のような英文に取り組むことばかり想像しているかもしれません。

 

Emphasizing the "use" of silence also focuses on the fact that silence does not simply exist but is activity created by participants.

 

こんな英文だと、分解の前にまず英単語の意味を調べるところからになってしまい、学習の軸がずれてしまいます。

 

そして多くの受験生は、最初からこのような難解な英文に取り掛かり、難しいと諦めてしまいます。

 

それもそのはず、意味がわかる英文の構造がわからないのに、意味が分からない英文の構造がわかるはずがないのです。

 

焦らなくとも、このような英文でも、順に取り組んでいけば構造がわかるようになります。

 

少なくとも、私が教えてきた生徒は皆この英文レベルであれば文分解ができます

 

ちなみに先程の難しそうな英文は、大阪大学の過去問から抜粋したものです。

 

この記事を読んでいるみなさんが、正確な文分解ができるようになるよう、このサイトで順に解説をしていきます。

 

 

 

学習計画などについて悩んでいる方はこちらも参考にどうぞ。
勉強習慣が三日坊主になる本当の理由
勉強時間を作るためのたった一つの簡単な方法

 


HOME プロフィール お問い合わせ