大学受験の勉強や高校の授業で困ったときは - 塾講師の教え方と偏差値ランキング

molとはいったい何か

 

高校化学が苦手な人の多くは、物質量(mol)のことが何かわからずに嫌になってしまいます。

 

しかし、このmolのことがわからないと、この先の化学の単元はほとんどわからない。

 

それで化学全体がわからない、となってしまいます。

 

しかし逆に言えば、このmolを正しく理解すれば他の単元のことも非常にわかりやすくなるということです。

 

まずはこの物質量という考え方をしっかりと身に付けて、化学に対する抵抗を無くすところから始めましょう。

 

 

molは、分子の数の単位

 

molの話をする前に、少し中学の理科の復習をしましょう。

 

次の化学式がどういう意味だったのかを思い出してください。

 

 

これは、水素分子2つと酸素分子1つが反応すると、水分子2つができるという意味です。

 

反応式についている係数は、分子の数を表しています。

 

つまりこの反応式を模式化すると、以下のような図になります。

 

 

 

しかし、実際に分子を1つや2つなどという単位で扱うことは、あり得ません。

 

分子はとても小さいため、それでは観測できないためです。

 

「お米を5000粒炊いてくれ」なんて言われても、全然わからないですよね。

 

それと同じです。

 

お米の場合は、1合、2合、というように実用的な単位で数えて解決していますよね。

 

分子の場合に用いられる実用的な単位がmolです。

 

鉛筆のダースのようなものです。

 

鉛筆はバラ売りしていることは少なく、12本を1ダースとして数えます

 

これと同様に、分子は約600,000,000,000,000,000,000,000個を1molとして数えます

 

あんまりにも多いので、概数になってしまいます。

 

 

ここで、先程の化学式に戻りましょう。

 

水素分子2個と酸素分子1個から、水分子が2個生成するということは、元の分子を増やせば水分子もどんどん増えていきます。

 

つまり同じ比でどんどん反応していくということです。

 

molは数の単位ですから、水素分子2molと酸素分子1molから、水分子2molができます

 

 

 

このようにmolとは、まとまった分子の集まりの単位を表しています。

 

またその集まりの数は、もう少し正確な数で表現されます。

 

 

 

これがmolの大体の考え方です。

 

molって何だっけ…と思ったら、米1俵分くらいの分子を想像してください。

 

(実際にはもっと多いと思いますが…)


 


molとはいったい何か 関連ページ

化学反応式の正しい計算

HOME プロフィール お問い合わせ